読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダブル・ケイイチロウ対談


久しぶりにジムに行ったのですが、ものすごい喘ぎ声を上げながら、大胸筋を鍛えるマシンを使ってるオジサンがいて、ハッキリ言って、うるさかったです。よっぽど言ってやろうかと思ったんですけど、まあ、それもやりすぎかなと思って、そのままプールに行きました。
自分に気合いを入れているというより、外向きのアピールとしか思えないんですけどね。
ヘンなナルシシズムを感じました。


……と、書きながら、この程度の話は、twitterで呟いておけばいいのかなと思ったり。そろそろ、始め時ですかね。。。


さて、それはそうと、タイトルですが、音楽家の渋谷慶一郎さんと、11/21日に青山ブックセンター本店で対談することになりました。


http://www.aoyamabc.co.jp/10/10_200911/atak015_for_maria_20091121.html


音楽に興味のある方、文学に興味のある方、あるいは、「ケイイチロウ」という名前に興味のある方(!)、どうぞお越しください。僕も、彼と対談できるのを楽しみにしています。実は、ちょっと前からの友人です。


「ケイイチロウ」で思い出しましたが、表参道にある「COLORS」という美容室に、「平野啓一朗」さんという方がいらっしゃいます。 http://www.colors-hair.com/staff/mens/post_17.html


僕はお目にかかったことはないんですが、二、三度、雑誌のインタヴューか何かのあと、ギャラの振り込みで編集者が混乱して、初めて存在を知りました。
あと、蜷川実花さんだったか、誰だったかの写真集にクレジットがあって、それを見た友人が、「お前も色々やってんなぁ。」と勘違いしていたことがあります。んなわけないだろと言いましたけど。もちろん、僕じゃありません。


調べてみると、「Vogue」なんかでも仕事をされているすごい方なんですね。
同姓同名(一字違い)というだけで、勝手に誇らしいです。


http://www.dwmanagement.co.uk/keiichirohirano/index.html


一度、COLORSに髪を切りに行ってみようと思ってるのですが、まだ実行してません。
なんとなく、予約の電話が恥ずかしいような。。。