読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イヴェントの情報


ショパン関連のイヴェントの情報です。
『葬送』第二部冒頭のショパンのコンサート・シーンは、あの小説の読みどころの一つで、それを再現したCDを先日発表したところですが、もうお楽しみいただけましたでしょうか?


ショパン:伝説のラスト・コンサート

ショパン:伝説のラスト・コンサート


で、今回はそれをライヴでやってしまおうという企画です。
神奈川公演と東京公演との二回、それぞれに宮谷理香さん、高橋多佳子さんをお迎えして、1848年2月16日のショパンのパリでの最後のコンサートを、時空を超えて(!)、皆さんと一緒に堪能します。
宮谷さん、高橋さんのファンは必聴ですが、僕は、『葬送』では描かれなかったショパンにまつわる色々な話や、ピアニストとの対談、『葬送』の一部朗読など、一般的なコンサートとは一味違った演出に参加します。
聴きたい話、朗読をして欲しい箇所などありましたら、ツイッターででも、HPのメール経由ででも、どうぞ、リクエストしてください。参考にさせていただいて、出来るだけお応えしたいと思います。


詳細は以下をご覧下さい。

                                                        • -

ショパン伝説のラスト・コンサート in Paris 1848.2.16


【横浜公演】 2010年9月25日(土) 午後5時30分開演
【東京公演】 2010年10月1日(金) 午後2時開演/午後6時30分開演(2回公演)


今年は世界で最も有名な作曲家、フレデリック・ショパンの生誕200年という記念年にあたり、数多くの演奏家による生誕200年記念コンサートが世界中で開催されています。
そこで特別企画の決定版として、パリのプレイエル・サロンで開催されたショパンの生涯最後の演奏会を再現する「ショパン伝説のラスト・コンサート in Paris 1848.2.16」を横浜、東京にて開催します。

ピアニストには、ショパン国際ピアノ・コンクールで入賞を果たした宮谷理香(横浜公演)、高橋多佳子(東京公演)を迎え、現存する資料をもとにプログラムを再現します。さらに芥川賞作家でショパンの生涯を描いた長編大作「葬送」の作家である平野啓一郎が、ラスト・コンサートの場面を朗読・解説し、観客をプレイエル・サロンへと導きます。


【概要】
横浜公演
日時:2010年9月25日(土)午後5時30分開演(午後5時開場)
会場:神奈川県立音楽堂
出演:平野啓一郎(朗読) 宮谷理香(ピアノ) 
   江口有香(ヴァイオリン) 江口心一(チェロ)
料金:S席 ¥4,500/A席 ¥3,500(税込・指定)
プレイガイド:tvkチケットカウンター 045-663-9999
       音楽堂チケットセンター 045-263-2255
       ぴあ、イープラス、ローソンチケットなど主要プレイガイド
主催:tvkテレビ神奈川)/スチュワード・コミュニケーションズ
協力:tvkコミュニケーションズ/EMIミュージック・ジャパン/新潮社
お問合せ:tvkチケットカウンター 045-663-9999


東京公演
日時:2010年10月1日(金)午後2時開演(午後1時30分開場)
              午後6時30分開演(午後6時開場)
会場:HAKUJU HALL(富ヶ谷)
出演:平野啓一郎(朗読) 高橋多佳子(ピアノ) 
   崎谷直人(ヴァイオリン) 新倉瞳(チェロ)
料金:¥5,500(税込・指定)
プレイガイド:チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード110-400) 
      イープラス http://eplus.jp
      ローソンチケット 0570-08-4003(Lコード38199)
      HAKUJU HALLチケットセンター 03-5478-8700 火〜土(祝日・休館日を除く)   
       ミリオンコンサート協会 03-3501-5638
主催:「ショパン伝説のラスト・コンサートin Paris 1848.2.16」実行委員会 
共催:HAKUJU HALL
協力:EMIミュージック・ジャパン/新潮社
お問合せ:ミリオンコンサート協会 03-3501-5638