読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謹賀新年


寒いお正月になりましたね。
子供の頃は、風邪を引くということに対して、まったく無頓着だったのですが、仕事をするようになってからは、本当に用心深くなりました。というわけで、なんとか元気に年を越しました。

年末はギリギリまで、読売新聞の夕刊に連載している『かたちだけの愛』の原稿を書いていたのですが、仕事始めもその原稿から、ということになりました。今は、掲載よりも2ヶ月ほど先を書いています。
今年の前半は、この小説がメインの仕事になります。


他方、年末から予告していた「プロジェクトC」は、EMIから発売される、僕の監修のショパンのCDのことでした(←種明かし)。
第一弾は、2月に発売される二枚組で、曲目、演奏家ともに選りすぐりのベスト盤的な内容ですが、ページの指定入りで、小説『葬送』の各場面にも対応する形になっています。ショパンの音楽に親しむだけでなく、ショパンという音楽家をより深く理解してもらえるように、解説も工夫します。これから書くのですが。。。


第二弾は、同じくEMIから4月に発売される、ショパンの「ラスト・コンサート in Paris」(仮)です。
『葬送』の第二部の冒頭で、1848年の二月革命直前に、ショパンがパリで6年ぶりのリサイタルを行う場面を書いたのですが、その再現CDです。ショパンは、翌49年に亡くなってしまいますから、これがパリでの最後のコンサートになりました。
七月王政期(1830-48)とピッタリ重なるようにパリで活躍した彼が、その時代の終わりと自らのキャリアの終焉とを図らずも一致させることになる、伝説的なコンサートで、曲目は、確定しているものと、不確定のものとがあるのですが、今回は僕の解釈による小説の通りの曲が収録されます。
ショパン好きにとって、ショパン本人の演奏を聴くというのは、永遠に叶わない夢ですが、小説とCDとで、どうぞ思いきり、想像を巡らせてください。


今年はショパンの生誕200周年ですが、『葬送』とこの二点のCDがあれば、一年間をかなりエンジョイできるはずです。