読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

補足

前回のエントリー、ちょっと書き方が悪かったんですが、結局、参議院選での大敗を受けて首相が退陣する理屈としては、支持率低下の証左と見なすか、あるいは、党内での「責任」ということでしかないわけで、そういう「責任」は、まぁ、どうでも良いんです、自民党員以外にとっては。退陣したとしても、当然、次も自民党の政権になるわけですが、ただその時に、野党との政権交代という緊張感がなければ、また党内事情でつまんない人間が首相になってしまいますよ、という話です、僕が言いたかったのは。理念的には、多党乱立状態の方がいいに決まってますけど、自民党の一党支配体制を終わらせるためには、二大政党制への移行という今の流れが一番現実的なんでしょう。

どっちにしろ、国会運営はにっちもさっちもいかなくなるでしょうから、いずれ解散総選挙ということになりそうですし、それで政権交代ということになれば、一番スッキリするわけですが。
しかし、今回の選挙結果で、けっこう気が済んだ人もいるでしょうし、その時にまた民主党が勝てるかは、全然分かりませんね。案外、判官贔屓で、現政権の支持率も上がるかもしれません。それは、また一つ別のだらしなさという感じがしますが、「民意を真摯に受け止めて」、安倍内閣がめざましい進歩を見せるなら、それはそれでいいのでしょう。僕は思想的に、そもそも相容れませんが。「美しい国、日本」というスローガンは、本当に嫌いです。

まぁ、床屋政談というと理髪師に失礼でしょうが、なんと言ったらいいのか、「朝生」政談でもブログ政談でもなんでもいいんですけど、そんな程度です。
ブログを書いてウップン晴らししたので、当分結構という感じですが、本当は、ブログはもっと、趣味的な、どうでも良いような話をつらつら書いてる方が楽しいですね。